NEWS

ニュース | 最新のニュースをお届けします

模倣サイトの注意喚起について [更新]

この記事をシェア

この記事は、マルウェアやセキュリティに関して、
キヤノンITソリューションズ株式会社から発信する情報です。


ESETセキュリティ製品をご利用いただき、誠にありがとうございます。
2014年8月1日現在、模倣サイトが多数確認されております。
今回報告されている、模倣サイトは、URLの最後に、以下のようなアドレスがついていることが確認されています。
Webサイトにアクセスする際は、URLをご確認の上、アクセスをしていただくようご注意ください。

<模倣サイトの特徴>
http://【 アクセスサイトのURL 】./●●●●.org/

今回模倣サイトとして疑われているサーバーは、プロキシサーバーとして稼働していると思われます。また、アクセス制限回避機能(※)があります。

※例えば、日本から閲覧できてヨーロッパから閲覧できないようなWebサイトも、このサーバー経由であれば、どこからでも閲覧できます。

2014年8月1日現在では、ウイルスがダウンロードされるような振る舞いは確認されていません。 ただし、1度このサーバー経由でWebアクセスした場合、2度目以降もこのサーバー経由でWebアクセスされるようになる可能性があります。

このようなサイトは日々新規に作成されています。ESET製品に関しましては、新規に作成されるサイトにも随時対応しておりますが、お客さまにおかれましても、ご注意いただきますようお願い申し上げます。


■ ESET製品における検出例

※画面はESET Smart Security 7.0で、フィッシング対策機能が有効な場合での表示です
※画面はESET Smart Security 7.0で、フィッシング対策機能が有効な場合での表示です。

■ 対応の仕方について

① Webサイトにアクセスする際は、URLをご確認の上、アクセスをしてください。

② アクセスサイトのURLの後方に「●●●●.org/」などが付いていないか確認し、アドレスがある場合は、アクセスを控えるようにしてください。

この記事をシェア

業務PCのセキュリティ対策に

マルウェア情報局の
最新情報をチェック!