NEWS

ニュース | 最新のニュースをお届けします

Internet Explorerは必ず最新版にアップグレードを

この記事をシェア

Microsoft社は2016年1月12日からサポートポリシーを変更し「Internet Explorer」の古いバージョンのサポートを終了する。そのため、以後、何もせずに放置するとセキュリティ上極めて危険な状態になる。早いうちにアップグレードを済ませよう。


すでにMicrosoft社は2014年8月7日に「Internet Explorer のサポートポリシーについて、重要なお知らせ」を発表し、将来は最新バージョンの「Internet Explorer」(以下、IE)だけをサポート対象とする意向を伝えていた。

その時期とは、2016年1月12日(米国時間)である。Microsoft社はこれまで、動作するOSのライフサイクルに準拠してIEの各バージョンのメンテナンスを行ってきたが、この日以降は、各OSの最新版だけをサポートすることになる。

その結果、最新版以外は2016年1月12日でサポート終了となる。例えば、これまではWindows Vistaであれば、IEのバージョン7~9までがサポート対象となっていたが、IE 7とIE 8はサポート終了となり、以後修正プログラムなどが用意されるのは、IE 9だけとなる。また、Windows 7の場合は、IE 8とIE 9、IE 10がサポート終了となり、IE 11のみがサポート対象となる。一覧にすると、次のようになる。

Windows OS IEのバージョン
Windows Vista SP2 Internet Explorer 9
Windows Server 2008 SP2 Internet Explorer 9
Windows 7 SP1 Internet Explorer 11
Windows Server 2008 R2 SP1 Internet Explorer 11
Windows 8.1 Update Internet Explorer 11
Windows Server 2012 Internet Explorer 10
Windows Server 2012 R2 Internet Explorer 11
Windows 8 Windows 8.1 へアップデートが必要

注意しなければならないのは、Windows 8である。IE 10だけでなく、Windows 8そのもののサポートも2016年1月13日に終了するため、必ずWindows 8.1にアップグレードする必要があるのである。

IEを最新版にしなければならない理由
なぜ最新版にしなければならないのか。最新版以外については、セキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の修正プログラム、無料または有料のサポートオプション、またはオンラインテクニカルコンテンツの更新などのサポートが受けられなくなるからである。

特に、脆弱性を解消するための修正プログラムを含むセキュリティの更新プログラムが今後用意されなくなるため、Webからの脅威に対して、防御力が著しく低下する恐れがある。一度開いてしまったセキュリティホールはそのまま放置されるため、ゼロデイ攻撃などの危険性が高まることになる。

サイバー攻撃を行う攻撃者は常にこういう機会や脆弱性を悪用するので、普段IEを利用していない場合であっても、インストールされている以上、これを機会に最新版にアップグレードしなければならない。

最新版のメリット
Microsoft社にとっても、サポートすべきバージョンを減らすことにより、開発や検証に経費や時間を最新版にのみ集約できるようになるという利点があるが、ユーザーにとっては、新たに組み込まれた最新技術を活用できるばかりでなく、Webからの脅威に対する防御力が増しており、とても安心できる。具体的には、NSS Labsの調べでは、ソーシャルエンジニアリング型のマルウェアのブロック率が、IE 8が69%であるのに対して、IE 11 は 99.9% にまで上昇している。

ユーザーがすべきこと
最初に、IEのバージョンが最新かどうかを確認し、その後、必要であれば最新版へアップグレードする。

1. インストールされたInternet Explorerのバージョンの確認
IE の [ツール] ボタンから[バージョン情報] を探してクリック(またはタップ)する。

2. 最新版へのアップグレード
Windows Vistaの場合、IE 9を、Windows 7の場合、IE 11を、それぞれダウンロードする。Windows 8の場合、Windows 8.1へアップデートすることによって最新版が利用できるようになる。

Webサイトの管理者、制作者が対応すべきこと
第一に、Web コンテンツの推奨動作環境を確認し、サポートポリシー変更後は Internet Explorer 9 以降、および、Windows 10 に Internet Explorer 11 と共に搭載された Microsoft Edge の記載を加えることが勧められている。

Web サイトの動作検証の構築など、その他詳細は、下記の[参考情報]を参照。

この記事をシェア

業務PCのセキュリティ対策に

マルウェア情報局の
最新情報をチェック!