MALWARE REPORT

マルウェアレポート | 流行したマルウェア

2017年7月 マルウェアレポート

この記事をシェア
レポートをPDFファイルでダウンロードする

ショートレポート「2017年7月マルウェア検出状況」

トピック

1. 2017年7月の概況

弊社マルウェアラボでは、2017年7月1日から31日までのESET製品国内利用の検出状況について集計しました。
6月と同様に、メール経由のダウンローダー(別のマルウェアをダウンロードするマルウェア)が半数近くを占めていて、中でもVBA(Microsoft Officeで利用できるプログラミング言語)を悪用したダウンローダーが急増しています。
また、偽の警告メッセージを表示するWebサイトに埋め込まれたコード(HTML/FakeAlert)が多く検出されています。

日本国内マルウェア検出状況 上位10種の検出比率(2017年7月)(ESET社 VIRUS RADARより)

日本国内マルウェア検出状況 上位10種の検出比率(2017年7月)
(ESET社 VIRUS RADARより)

順位 マルウェア名 種別 割合
1 VBA/TrojanDownloader.Agent ダウンローダー 29%
2 JS/Danger.ScriptAttachment) ダウンローダー 16%
3 Suspicious 未知の不審なファイル 6%
4 HTML/FakeAlert 偽の警告メッセージ表示 6%
5 JS/TrojanDownloader.Agent ダウンローダー 5%
6 HTML/Refresh 別サイト誘導 2%
7 PDF/TrojanDropper.Agent ドロッパー 2%
8 JS/Chromex.Submelius 偽の警告メッセージ表示 2%
9 Win32/GenKryptik 汎用検出名 1%
10 JS/Adware.AztecMedia アドウェア 1%

2. 「VBA」を悪用したマルウェア

ここ数ヶ月、ダウンローダー型のマルウェアはJavaScript形式のものが大半を占めていましたが、7月は「VBA(Visual Basic for Applications)」を悪用したMicrosoft Officeのドキュメント形式のものが最も多く検出されています。
JavaScriptのダウンローダーに対するウイルス対策ソフトウェアの検知率が向上したために、別の手法を試している可能性が考えられます。

VBAのダウンローダーとJavaScriptのダウンローダーとの検出数比較(2017年・月別)

日本国内マルウェア検出状況 上位10種の検出比率(2017年7月)
(ESET社 VIRUS RADARより)
VBAのダウンローダー:「VBA/TrojanDownloader.Agent」
JavaScriptのダウンローダー:「JS/Danger.ScriptAttachment」
と「JS/TrojanDownloader.Agent」との合算

VBAを悪用したMicrosoft Officeドキュメントは、多くの場合メール経由で拡散されています。

マルウェアを含むExcelファイルが添付されたメール

マルウェアを含むExcelファイルが添付されたメール

Microsoft Officeの標準設定では、VBAコンテンツの実行前に警告が表示されます。しかしながらVBAは業務で利用されることも多いため警告を非表示にしているケースも多く、気付かずにVBAを実行してしまうこともあり得ます。セキュリティの観点から、Microsoft Officeのマクロは無効、もしくは警告を表示するよう設定しておくことをおすすめします。

また、VBAコンテンツを有効化させるように、巧みに誘導するものも確認されています。
不用意に実行を許可してしまわないよう注意が必要です。

VBAマルウェア付きのExcelファイル

VBAマルウェア付きのExcelファイル

3. Microsoftの技術サポートを装った詐欺サイト

検出数4位の「HTML/FakeAlert」は、偽の警告メッセージを表示するWebサイト(埋め込まれたスクリプト)に対する検出名です。

Microsoftをかたった技術サポートの詐欺サイトが多く確認されています。詐欺サイトへアクセスするとダイアログが表示されます(ダイアログは一度閉じても、再び表示されます)。ダイアログとともに、音声でユーザーに対する警告メッセージが流れます。 詐欺サイトは、「パソコンからマルウェアが検出されました」とユーザーの不安を煽り、偽のサポート窓口に電話をかけるよう促します。この窓口に電話をかけると、架空の有償サポート契約を結ぶよう迫られます。

Microsoftを騙った技術サポートの詐欺サイト

Microsoftを騙った技術サポートの詐欺サイト

現在のところ、これらのサイトにアクセスして実際にウイルスに感染することはまれですが、念のためウイルス対策ソフトウェアで感染していないかを確認(ESET製品では、「スマート検査」を実行)することをお勧めします。

4. ランサムウェア「Locky」の脅威

ダウンローダーがダウンロードするマルウェアとして、ランサムウェアが多く確認されました。7月に最も多く検出されたランサムウェアは「Locky(Win32/Filecoder.Locky)」です。

日本国内のランサムウェア 検体種類別の検出数比率(2017年7月)

日本国内のランサムウェア 検体種類別の検出数比率(2017年7月)

2016年2月に初めて確認されたLockyですが、プログラムコードを改良しながら、今なお活動を続けています。

Lockyは、特定の拡張子を持つファイルのみを暗号化します。暗号化の対象となった拡張子は、2016年2月に確認された検体のおよそ150種類から、2017年7月に確認された検体ではおよそ450種類に増加しています。また、従来のドキュメントファイルやマルチメディア(画像・音声・動画)ファイルに加えて、データベースファイルやゲームのセーブデータファイルなど、様々なファイルが暗号化の対象となっています。このことから、個人法人問わずあらゆるユーザーがLockyの標的とされていることがうかがえます。

主な感染経路はメールによるもので、ダウンローダー(ユーザーによる実行後、Lockyをダウンロード及び実行するマルウェア)を送付する手口と、Locky本体を直接(ZIP等で圧縮した上で)送付する手口が確認されています。

左:Lockyのダウンローダー(Windowsスクリプト形式)右:PDFファイルのアイコンに偽装したLocky本体の実行ファイル

左:Lockyのダウンローダー(Windowsスクリプト形式)
右:PDFファイルのアイコンに偽装したLocky本体の実行ファイル

ご紹介したように、マルウェアの仕組みと拡散手法は日々巧妙化しています。最新の脅威について、常に情報をキャッチアップすることが重要です。


■ 常日頃からリスク軽減するための対策について

各記事でご案内しているようなリスク軽減の対策をご案内いたします。
下記の対策を実施してください。

1. ESET製品プログラムのウイルス定義データベースを最新にアップデートする

ESET製品では、次々と発生する新たなマルウェアなどに対して逐次対応しております。
最新の脅威に対応できるよう、ウイルス定義データベースを最新にアップデートしてください。

2. OSのアップデートを行い、セキュリティパッチを適用する

ウイルスの多くは、OSに含まれる「脆弱性」を利用してコンピューターに感染します。
「Windows Update」などのOSのアップデートを行い、脆弱性を解消してください。

3. ソフトウェアのアップデートを行い、セキュリティパッチを適用する

ウイルスの多くが狙う「脆弱性」は、Java、Adobe Flash Player、Adobe Readerなどのアプリケーションにも含まれています。
各種アプリのアップデートを行い、脆弱性を解消してください。

4. データのバックアップを行っておく

万が一ウイルスに感染した場合、コンピューターの初期化(リカバリー)などが必要になることがあります。
念のため、データのバックアップを行っておいてください。

5. 脅威が存在することを知る

「知らない人」よりも「知っている人」の方がウイルスに感染するリスクは低いと考えられます。ウイルスという脅威に触れてしまう前に「疑う」ことができるからです。
弊社を始め、各企業・団体からセキュリティに関する情報が発信されています。このような情報に目を向け、「あらかじめ脅威を知っておく」ことも重要です。
この記事をシェア

業務PCのセキュリティ対策に

マルウェア情報局の
最新情報をチェック!