ホーム > 法人のお客さま > サポート情報 > ターミナルサーバー利用時におけるライセンスの考え方

ターミナルサーバー利用時におけるライセンスの考え方

  • 「ターミナルサーバーにアクセスする端末台数」 +「ターミナルサーバー台数」が必要ライセンス数となります。
  • 既にESET製品が導入されている端末をターミナルサーバーに接続する場合、新たにライセンスを追加する必要はありません。(ターミナルサーバー自体には1ライセンス必要です。)
  • ターミナルサーバーを増設する場合は、増設分のライセンスをご購入ください。(2台のターミナルサーバーを増設する場合は、2ライセンス追加購入してください。)

購入例

パターン1

端末1,000台(ESET製品未導入)に対し、新たにターミナルサービス環境を構築する場合

購入ライセンス
「端末1,000台」+「ターミナルサーバー1台」 = 1,001ライセンス
  • ターミナルサーバーにアクセスする端末1,000台に対し、ESET製品をインストールしてご利用いただくことも可能です。

パターン2

端末1,000台(ESET製品導入済み)に対し、新たにターミナルサービス環境を構築する場合

購入ライセンス
「ターミナルサーバー1台」 = 1ライセンス

パターン3

端末1,000台(ESET製品未導入)の内200台に対し、新たにターミナルサービス環境を構築する場合

購入ライセンス
「端末200台」+「ターミナルサーバー1台」 = 201ライセンス
  • ターミナルサーバーにアクセスする端末200台に対し、ESET製品をインストールしてご利用いただくことも可能です。

パターン4

端末1,000台(ESET製品導入済み)の内200台に対し、新たにターミナルサービス環境を構築する場合

購入ライセンス
「ターミナルサーバー1台」 = 1ライセンス

パターン5

端末1,000台(ESET製品導入済み)と端末200台(ESET製品未導入)に対し、新たにターミナルサービス環境を構築する場合

購入ライセンス
「端末200台」+「ターミナルサーバー1台」 = 201ラインセンス
  • ターミナルサーバーにアクセスする端末200台(ESET製品未導入)に対し、ESET製品をインストールしてご利用いただくことも可能です。

管理ソフト(ESET Remote Administrator)上での見え方

ESET Remote Administrator上では購入数の内インストールをされた台数分が表示されます。

例:パターン5の場合「端末1,000台(ESET製品導入済み)」+「ターミナルサーバー1台」が表示されます。「端末200台(ESET製品未導入)」については、ソフトを端末にインストールした場合は表示されます。