ホーム > 法人のお客さま > 導入事例 > 東邦ホールディングス株式会社

導入事例(東邦ホールディングス株式会社)

3名で業務時間内に作業し4,500台のPCに6日間でインストールすることができた

概要

東邦ホールディングスグループは、医薬品卸売事業、調剤薬局事業、医薬品製造販売事業、治験施設支援事業、情報販売機器事業など、医薬品に関して川上から川下まで手がけている。特に、医薬品卸売事業では、医薬品を卸すだけでなく、病院、クリニック、調剤薬局などの業務効率の改善や患者の利便性をアップするための機器、ソフト、サービスも提供している。連結のグループ会社数13社(2016年3月現在)のうち、従来導入していた調剤薬局部門の5社に加え、2016年9月~12月に、医療品卸売事業の5社がESET Endpoint Protection Advanced(以下、ESETと記載)を導入した。導入に際しては準備を入念に行い、導入するライセンス数が最も多かった東邦薬品では、3名体制でのインストール作業にもかかわらず、4,500台を6日で完了させている。同グループでは、ESETを導入してライセンスコストを約半分に圧縮できた。また、管理ツールが使いやすく、PCを少人数で一括管理することが容易になり、業務効率がアップしたと評価されている。

東邦システムサービス
オープンシステム部
システム2課 課長
石原和義氏

事例のポイント

お客さまが実現できたこと

  • 1.回線に負荷をかけることなく、パターンファイルを配信できるようになった。
  • 2.管理ツールで、PCのパターンファイル更新状況が明確に把握できるようになった。
  • 3.従来のセキュリティソフトの約半分のコストで導入できた。

お客さまのご要望

  • 1.回線の速度よりも信頼性を重視する通信環境に適したセキュリティソフトを導入したい。
  • 2.使い勝手の良い管理ツールを使って、セキュリティソフトの管理業務の効率化を図りたい。
  • 3.グループ全体のセキュリティソフトのコストを抑えたい。

導入前の課題と背景

7,000台以上のPCを効率よく一括管理できるセキュリティソフトを探していた

セキュリティソフトの乗り換えを検討された理由を教えてください。

「グループ会社で利用するセキュリティソフトを一括管理しており、すべてのPCにおけるパターンファイルの更新やセキュリティソフトのアップデート状況、ウイルスの検出情報などを管理ツールで見ています。従来使用していたセキュリティソフトの管理ツールはやりたいことができなかったこともあり、7,000台以上のPCのセキュリティソフトの最終的な監視は少人数で行っているため、監視しやすいものを導入して業務の効率化を図りたいと考えていました。
また、従来利用していたセキュリティソフトは事業拡大に伴いグループ会社が増える都度、各会社ごとにライセンスを購入しなければならず、費用がかさみました。コスト削減のために、グループ全体で一括してライセンスを導入できる製品を探していました」

導入の必然性

パターンファイルが軽量で低速回線でも負担がかからなかった

ESETを選ばれた理由は何でしょうか。

「課題であった管理ツールの使いやすさ、ライセンス費用の問題が解決できるだけでなく、検出率が高かったこと、東邦ホールディングスグループのネットワーク環境に合致したことが理由です。東邦ホールディングスグループでは通信回線環境の信頼性を重視しており、低速環境にある拠点も存在します。
そのような環境下の拠点では、各PCからESETのウイルス定義データベース配信サーバーにアクセスしてパターンファイルをダウンロードするのではなく、東邦ホールディングスグループの管理サーバーから各拠点の共有フォルダにパターンファイルを配信してローカル内で更新し、通常業務に影響が出ないようにしています。ESETはパターンファイルが軽量だったので、管理サーバーから配信する際も、回線への負荷を最小限に抑えることができました」

評価期間中には、どのような点をチェックされましたか。

「約1カ月、パイロット的に運用し、従来のセキュリティソフトの運用が踏襲できるかどうかの確認をしました。具体的には、管理ツールや各PCとのESET連携や、管理サーバーから各拠点の共有サーバーへのパターンファイル配信、そして各PCでのパターンファイル更新といった一連の手順をチェックしています」

運用の工夫

バッチファイルを作って5日で2,200台にインストール

どのようにして、多数のPCに導入されたのでしょうか。

「業務時間内に3名で作業して導入する関係上、各拠点の協力は必須でした。事前に作業日時をアナウンスして協力を得られるようにしました。
次に、低速な回線でもインストール作業に支障が出ないように、ESETのセットアップファイルやパターンファイル、必要なパラメーターファイルを、事前に拠点の共有フォルダに送りました。その後、資産管理ソフトを利用してバッチファイルを起動し、自動でインストールしました。当時、導入ライセンス数が最も多かった東邦薬品の5,500ライセンスのうち2,200ライセンス分もこの方法を用い、5日でインストールしました。同社の残りの2,300ライセンスは、グループ内で行われるソフトウェアの定期監査を利用して導入作業を行い、1日で完了させています」

運用において、どのような工夫をされていますか。

「ESETの管理ツールには様々な設定があります。すべてを把握しきれていませんが、設定の見直しを定期的に行っています。最近の見直しでは、回線速度が速い拠点においては、パターンファイルの更新をESETのウイルス定義データベース配信サーバーから直接行うようにしました」

運用面でもメリットはありましたか。

「ESETはウイルス検知精度が高く、以前のセキュリティソフトのようにIPS検知されたものがすり抜けることもなく、その状況もレポートしてくれます。また、クライアント管理ツールのESE T Remote Administratorは、全PCのウイルス定義ファイルの更新状況の把握やログ収集を効率的に実施でき、優れた管理ツールだと感じています。これだけの数のユーザーがいると、当然ユーザーからの問い合わせも多いので、有償サポート(シルバー)を結びました。これは月曜日から金曜日 8:00~20:00に利用可能なサービスで、何かあれば専用窓口に問い合わせると専任の技術者が即応してくれます。たとえば、あるユーザーがスキャンに時間が掛かることを問い合わせたところ、OSに問題があることが判明しました。以前であれば、即応どころか、催促しても返事がもらえないような状態でしたから、このサポート品質には満足しています。また、ライセンス料金も含め、運用コストの削減にも大きな効果がありました。他の製品でもライセンスコストが魅力的なものはありましたが、それを導入するためには回線やサーバーの増強などが必要で、全体的なコストダウンにはつながらなかったでしょう」

取り組みの成果

ライセンス費用が約半分に

ESETの導入効果を教えてください。

「まず、ライセンス費用を約半分に抑えることができました。これは、これまでのセキュリティソフトでは実現できなかったことです。次に、ESETの管理ツールは使い勝手が良く、各PCのパターンファイル更新状況が明確に把握できるようになりました。また、インベントリ情報も取得できるので、第二の資産管理ソフトとして手軽に使えるのではないかと思っています。
これらの効果があったので、他のグループ会社にも呼びかけ、追加で合計1,682ライセンス導入しました」

キヤノンITソリューションズ(以下、キヤノンITS)のサポートはいかがでしたか。

「試験導入時に、ESETのアクティベーションがうまくいかないという問題が生じました。アクティベーションできないことには運用ができず、セキュリティ上、問題が生じます。そこで、サポート窓口に電話で問い合わせしたところ、すぐに回答があり、拠点のインターネット環境が原因であることを突き止めることができました。一時はどうなるかと焦りましたが、適切なサポートですぐに解決でき、安心しました。現在も設定についてメールで問い合わせすることがありますが、レスポンスがよく、助かっています。少人数で対応するためには、キヤノンITSのサポートは必須だと思います」

将来の展望

ネットワーク環境を視野に入れた機能を期待

今後の取り組みのご予定、キヤノンITS、ESETに対する期待についてお聞かせください。

「東邦ホールディングスグループでは、センシティブな個人情報を扱う関係上、PCやソフトの管理は厳しくやっています。しかし、ウイルスやマルウェアはどこから入ってくるか分かりませんし、今後も、さまざまなウイルスやマルウェアが出てくるであろうことが予測できます。
そのため、今後も時代の流れに遅れることなくセキュリティ対策に取り組んで行くつもりです。
キヤノンITSは様々な製品を手がけており、セキュリティに関するノウハウも蓄積しています。それらのソリューションをより発展させて、提供してもらえればと思います。
ESETには、未知のウイルスであっても対応できるセキュリティソフトであり続けて欲しいと思います。また、ネットワーク環境も視野に入れた機能を追加してもらえると嬉しいです」

お客さまの声

「試験導入で問題点を発見し、その後の導入をスムーズに進めた」

「グループ全社分のセキュリティソフトの最終的な監視は少人数で行っているため、業務の効率化は常に課題として上がっています。導入は3名で行いましたが、いかに効率的に行うかという課題は変わりませんでした。まず試験導入を行って問題がないかチェックし、表面化した問題点を潰す等の準備を入念に行ったことで、スムーズに導入することができました」

活用イメージ

多数のPCに短期間で導入

回線の信頼性を重視する東邦ホールディングスグループでは、パターンファイルが軽量なセキュリティソフトを必要としており、ESETを7,190ライセンス導入。バッチファイルを利用することで、短期間に導入を完了することができた。

総合セキュリティソフト ESET Endpoint Protection Advanced

クライアントPC、サーバー、スマートフォンやタブレットのセキュリティ対策を一元管理できる総合セキュリティ製品。ヒューリスティック機能と遺伝子工学に基づく検出技術を業界に先駆け実装、多層防御機能で新種の脅威を防御。「検出率」と「軽快な動作」の両立が評価され、国際的なアワードを多数獲得している。(開発元:ESET,spol.s r.o.)

お客さまプロファイル

法人名 東邦ホールディングス株式会社
URL
住所 東京都世田谷区代沢5-2-1
創立 1948年9月
従業員数 7,969名(連結 2016年3月31日現在)

PDFダウンロード

ESETが皆さまから選ばれる8つの理由

ESETが選ばれる理由

ウイルス対策ソフトの乗り換え・比較検討をご検討の方

ウイルス対策の乗り換えをアシスト「ESET乗り換えラボ」