ホーム > 法人のお客さま > 旧製品からの次年度更新

旧製品をご利用中のユーザーさまへ

法人向け旧製品からの変更点

旧製品との位置づけ

2013年7月1日より、新製品(ESET Endpoint Protection シリーズ)の販売を開始しました。(旧製品は販売終了となります。)

総合セキュリティ製品「ESET Endpoint Protection Advanced」、ウイルス・スパイウェア対策製品「ESET Endpoint Protection Standard」は、旧製品で収録していたWindows、Mac、Linux対応のプログラムに加え、Android対応プログラム「ESET Endpoint Security for Android」を追加したマルチプラットフォーム対応の製品です。

  • ライセンスの追加/次年度更新までは、旧製品を新製品に切り替えることなくそのままご利用いただけます。
  • 旧製品をご利用のユーザーさまもAndroid対応プログラムをご利用いただけます。

旧製品との位置づけ

既存ユーザーさまのプログラムのご利用について

Android対応プログラム「ESET Endpoint Security for Android」のご利用を希望される場合、ユーザーズサイトよりプログラムを入手してください。ユーザーさまの購入ライセンス数の範囲内でご利用いただけます。なお、その他プログラムに関しては、バージョンアップや再インストールを行う必要はございません。

  • Android対応プログラムをクライアント管理用プログラムで管理される場合、「ESET Remote Administrator V5.0.511」以降へバージョンアップしていただく必要があります。
    バージョンアップは上書きインストールにより実施いただけます。
  • Android対応プログラムに関するQ&Aはこちらをご覧ください。

既存ユーザーさまの追加・次年度更新ご購入について

既存のユーザーさまがライセンスの追加/次年度更新を購入する際は、新製品(ESET Endpoint Protection シリーズ)での購入となります。なお、旧製品と新製品で販売価格に変更はありません。

  • ライセンスの追加/次年度更新を購入する場合は、シリアル番号が変更となります。
    (ユーザー名/パスワードの変更はございません)

次年度更新製品について

1. 更新製品の選択について(次年度更新時)

旧製品からの次年度更新の際は、上記の【旧製品】→【新製品】対応したラインアップを選択してください。

ESET Endpoint Protection Advanced
ESET Endpoint Protection Standard

2.更新ラインアップの価格一覧

新製品への次年度製品更新時の価格は以下の通りです。旧製品での更新価格から変更はありません。

ESET Endpoint Protection Advanced 料金表

ESET Endpoint Protection Standard 料金表

3.よくあるQ&A

  • ライセンス情報(シリアル番号 / ユーザー名 / パスワード / ライセンス数 / 有効期限)の確認方法についてはこちら
  • 次年度更新(更新可能期間 / 更新方法 / 必要な作業)についてはこちら
  • プログラムの変更点についてはこちら
  • その他、本製品に関するQ&Aについてはこちら

ESETが皆さまから選ばれる8つの理由

ESETが選ばれる理由

ウイルス対策ソフトの乗り換え・比較検討をご検討の方

ウイルス対策の乗り換えをアシスト「ESET乗り換えラボ」