ホーム > 法人のお客さま > ESET Mail Security for Linux / ESET Web Security for Linux 販売終了とサポート終了のご案内

ESET Mail Security for Linux / ESET Web Security for Linux
販売終了とサポート終了のご案内

情報公開日:2021/12/22

製品ラインアップの見直しに伴い、以下2製品を販売終了、ならびにサポート終了させていただきます。
本製品の後継製品はございません。

ESET Mail Security for Linux
ESET Web Security for Linux

詳細については下記のとおりです。

新規製品 販売終了期限 2022年3月31日 ※1
追加・更新製品 販売終了期限 2022年12月28日 ※1
サポート終了日 2027年12月28日
  • ※1 複数年分の購入も可能ですが、最長契約期間はサポート終了日の2027年12月28日までとなります。

ESET Mail Security for Linux / ESET Web Security for Linux 販売終了とサポート終了スケジュール

今後提供するサポート内容について

2022年1月1日以降、ご提供するサポート内容は以下のとおりです。

サポート内容 提供可否
検出エンジン(ウイルス定義データベース)の配信
モジュール(ウイルス・スパイウェア対策モジュールなど)の配信
ユーザーズサイトでのプログラムの提供
リポジトリサーバーでのプログラムの提供 ×
サポートセンターによる各種お問い合わせ対応 ※2
Webサイトとドキュメントの更新 ※3
パッチの提供、またはサービスリリースによる、既知の問題や脆弱性への対応 ×
新バージョン(メジャーバージョン、マイナーバージョン等を問わず)公開による新OSへの対応 ×
  • ※2 お問い合わせ対応にあたっては、はじめに最新バージョンにバージョンアップしていただく場合があります。不具合に関するお問い合わせについては、原則、既知の不具合に関するお問い合わせのみ対応とし、その他のお問い合わせについては、内容・原因等によっては回答できない場合があります。
  • ※3 ESET社、および、当社が必要と判断した場合のみ実施します。

サポートOSの変更について

2022年1月1日以降、ESET Mail Security for Linux / ESET Web Security for Linux V4.5のサポートOSを以下に変更させていただきます。

  • Red Hat Enterprise Linux 6 x86/x64
  • Red Hat Enterprise Linux 7 x64
  • CentOS 7 x64
  • OS自体のサポートが終了しているとセキュリティパッチなどの提供がなくなり、セキュリティ攻撃の標的にされる可能性が高まります。セキュリティリスクが高まりますので、最新のOS、もしくはサポートが継続しているOSをご利用いただくことを推奨いたします。

よくあるQ&A