ESET PROTECT MDR

ESET PROTECT MDRは、サイバー攻撃による脅威の侵入防御から、万が一組織内に侵入を許した場合の事後対応として、脅威検知と対処およびその運用をサポートするXDR※1ソリューションです。

予防・検知・対応を行うセキュリティ製品群“ESET PROTECT Enterprise”と専任のセキュリティエンジニアにより運用・サポートを行うセキュリティサービスを提供します。予防・検知・対応からその運用までを一気通貫で支援することで、高い防衛を実現するとともに複雑化するセキュリティ製品の運用を解消します。

ESET PROTECT MDR

ESET PROTECT MDR 機能別動作一覧

ESET PROTECT MDRに含まれる各機能の動作環境は、以下の表にあるリンクからご確認ください。

クラウド型セキュリティ管理ツール ※1 クラウドベースの管理コンソールにより早期の環境導入と運用コスト低減を実現
どこからでも、どこにいてもエンドポイントを一元管理
オンプレミス型セキュリティ管理ツール ※1 自社で管理サーバーを設置・運用したい方向け
自社インフラにあわせたクライアント端末の一元管理が可能
基本的なエンドポイント保護 ウイルス・スパイウェアなどのマルウェア対策、フィッシング対策など、基本的なセキュリティ対策
総合的なエンドポイント保護 ウイルス・スパイウェアなどのマルウェア対策のほか、ネットワーク保護、迷惑メール対策などクライアントPCに求められる総合的なエンドポイント保護対策を実現
クラウドサンドボックス クラウドベースのサンドボックステクノロジーにより、ランサムウェアやゼロデイ攻撃からエンドポイントを保護
フルディスク暗号化 ディスク暗号化によりPC紛失盗難時の情報漏洩リスクを防ぐ
XDR ※1 組織内の端末のログ情報を記録し端末上の疑わしい動きを検出、検出結果を分析・調査することで組織内に潜む脅威をいち早く割り出し封じ込めを実施。
悪質なファイルや不審なプロセスを発見した場合における、管理者の速やかな処置実施を支援。
  • ※1 MDRサービス「ESET Detection and Response Ultimate」およびプレミアムサポートサービス「ESET Premium Support Advanced」の利用には、クラウド型セキュリティ管理ツール「ESET PROTECT Cloud」およびクラウド型XDR「ESET Inspect Cloud」が前提となります。