ESET Inspect

ESET Inspect / ESET Inspect Cloudは、エンドポイントレベルでのマルウェア対策を30年にわたり手がけてきたESET社の経験をもとに開発されたEDR製品です。組織内の端末から収集したさまざまなアクティビティをもとに、端末上の疑わしい動きを検出・分析・調査し、組織内に潜む脅威をいち早く割り出し、封じ込めることができます。

  • 本製品は「ESET Enterprise Inspector(旧名称)」から「ESET Inspect(新名称)」へ製品名を変更いたしました。
    なお、プログラム名称は次期リリースバージョンまで引き続きESET Enterprise Inspectorとなります。

EDRとは

サイバー攻撃の巧妙化により、事前対策だけでは侵入を100%阻止することは難しくなってきている昨今、サイバー攻撃により侵入されてしまう可能性があることを前提とし、侵入後の検知を迅速に行い適切な対応をとるためのセキュリティ製品です。

動作環境

ESET Inspect / ESET Inspect Cloudの動作環境詳細はお問い合わせください。なおご利用にあたっては、以下のESET製品およびライセンス、インターネット接続環境が必要です。

オンプレミス型

オンプレミス型は、単体製品とソリューション製品(ESET PROTECT MDR、ESET PROTECT Enterprise)どちらでもご利用いただけます。

  • ESET PROTECT MDRにて、MDRサービス「ESET Detection and Response Ultimate」およびプレミアムサポートサービス「ESET Premium Support Advanced」の利用には、クラウド型セキュリティ管理ツール「ESET PROTECT Cloud」およびクラウド型「ESET Inspect Cloud」が前提となります。

クライアント用プログラム

ESETプログラム名称 バージョン
ESET Endpoint Security
ESET Endpoint アンチウイルス
V8.0.2028.1 以降
ESET Server Security for Microsoft Windows Server  V7.3.12006.1 以降

セキュリティ管理ツール

ESETプログラム名称 バージョン
ESET PROTECT V8.0 以降
ESET Security Management Center V7.2 以降

クラウド型

クラウド型は、ソリューション製品(ESET PROTECT MDR、ESET PROTECT Enterprise)のみでご利用いただけます。

  • ESET PROTECT MDRにて、MDRサービス「ESET Detection and Response Ultimate」およびプレミアムサポートサービス「ESET Premium Support Advanced」の利用には、クラウド型セキュリティ管理ツール「ESET PROTECT Cloud」およびクラウド型「ESET Inspect Cloud」が前提となります。

クライアント用プログラム

ESETプログラム名称 バージョン
ESET Endpoint Security
ESET Endpoint アンチウイルス
V8.0.2028.1 以降
ESET Endpoint Security for macOS
ESET Endpoint アンチウイルス for macOS
V6.10.910.0 以降
ESET Server Security for Microsoft Windows Server V7.3.12009.1 以降
ESET Server Security for Linux V9.0.174.0 以降
ESET Endpoint アンチウイルス for Linux V9.0.5.0 以降

セキュリティ管理ツール

ESETプログラム名称
ESET PROTECT Cloud